更年期障害の治療方法

更年期障害の治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

更年期の治療法その1−【ホルモン補充療法】

辛い症状があらわれ、いつ終わるかもわからない更年期。
不調に悩まされながら、1人で悩んでいる女性も少なくありませんよね。

 

しかし、お医者さんやお薬の力を借りて、更年期の症状を軽減することは可能です。
ここでは、更年期の治療のひとつであるホルモン補充療法についてお伝えしましょう。

減っていくエストロゲンを補う根本的な治療

ホルモン補充療法は、HRTとも呼ばれる方法です。
更年期の症状があらわれる原因となるのは、加齢によるエストロゲンの減少。そのエストロゲンを薬によって補うことで、ホットフラッシュや発汗、動悸といった辛い症状を軽減することができるのです。

 

ホルモン補充療法では、エストロゲンとともに、プロゲステロンという女性ホルモンも使われます。これは、エストロゲンのみを補うと、不正出血や乳房の張りといった症状が出やすくなるため。
使われる薬の量や組み合わせは、年齢や閉経しているかどうか、子宮の有無などによって変わります。

ホルモン補充療法の効果

ホルモン補充療法では、次のような症状を和らげる効果が期待できると言われています。

  • 冷え、のぼせ、ほてり、発汗、ホットフラッシュ、動悸などの血管運動系の症状
  • イライラ、不安感、気分の落ち込みなどの精神的な症状
  • 頻尿などの膀胱炎に似た症状
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • コラーゲンを増やし、肌や粘膜の乾燥を改善する
  • 骨粗しょう症の予防や改善

更年期の辛い症状を緩和するだけでなく、健康ではつらつとした毎日を過ごすためにも、ホルモン補充療法は役に立つのですね。

 

年齢とともに自然に減っていくホルモンを薬で補うことに、抵抗を感じる女性もいることでしょう。
しかし、ホルモン補充療法は、年齢や更年期に逆らうものではなく、急激に減っていくエストロゲンの減少を緩やかにするクッションのようなものだと言われています。
辛い不調を我慢せず、1人で悩む前に、ぜひお医者さんへ相談してみましょう。

更年期の治療法その1−【漢方薬】

更年期障害の症状をやわらげる治療法として、漢方薬を使うことがあります。
西洋医学では、更年期障害の原因に直接アプローチして、エストロゲンを補充したり、精神的な症状を抑えるために抗うつ薬を処方したりしますが、東洋医学では、症状に対して独特の考えで漢方薬を用いるのです。

 

それでは、更年期の治療にどのように漢方薬役立つのか、お伝えしましょう。

更年期の症状に、なぜ漢方薬を使うの?

漢方の考え方では、女性の体や心には7年ごとに変化が起こるとされています。
それによると、42歳頃に年齢による変化が始まり、49歳頃に閉経を迎えるとのこと。
この数年間に起こるさまざまな不調が、更年期の症状であるとして、昔から漢方薬が使われてきました。

 

漢方では、体の中の「気」「血」「水」のバランスが乱れることによって、更年期の不調があらわれると考え、そのバランスを改善するために、さまざまな生薬を利用します

更年期の症状に漢方薬を使うメリット

ホルモン補充療法は、ホットフラッシュやのぼせ、ほてりといった血管運動系の症状に効果を発揮すると言われています。
しかし、うつや不眠、イライラ、そして体には異常がないのにあらわれる、自律神経の乱れが原因のさまざまな症状、いわゆる不定愁訴には、十分な効果が得られないことも。

 

漢方薬は、この不定愁訴に対する治療を得意としています。
また、西洋医学では、いくつかある症状に合わせて複数の薬が処方されることがありますが、漢方なら一剤だけで効果的な場合もあります。
西洋医学の薬と比較すると、副作用も少なく、体への負担が少ないのもポイントですね。

 

漢方薬には、ホルモン補充療法のような即効性は期待できませんが、複数の症状が緩和できる、体にやさしいというメリットがあります。
更年期の辛い症状に漢方薬を使ってみたい場合は、更年期障害に効果的な市販の漢方薬を購入したり、病院で漢方薬を希望していることを、先生に伝たりしてみましょう。

加味逍遙散?当帰芍薬散?更年期治療で使われる漢方薬

西洋医学の治療が主流となっている現代でも、漢方の持つ自然の力が更年期障害の症状の改善や軽減に役立つことが知られています。
昔から親しまれてきた漢方薬も、その種類は実にさまざま。
その中で、更年期障害に使われることが多いものは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の3つ。

 

これらの漢方薬は、患者の体格や体質、そして更年期の症状に合わせて処方されます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
適しているタイプ:痩せ型で冷え性、体力が弱い、むくみやすい

有効な症状:頭痛、腰痛、貧血、耳鳴り、めまい、動悸など

加味逍遙散(かみしょうようさん)
適しているタイプ:普通の体格で、疲れやすい、カッとなりやすく、精神的に不安定

有効な症状:イライラ、不安感、などの精神的症状、食欲不振。特に、検査をしても異常がないのに、どことなく体調が悪いという不定愁訴に有効。加味逍遙散は、更年期障害に対して最も処方されることの多い漢方薬です。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
適しているタイプ:体格がしっかりとしていて、比較的体力がある、赤ら顔になりやすい

有効な症状:手足の冷え、のぼせ、ほてり、頭痛、めまい、肩こり、便秘、月経痛の緩和

この他にも、喉のつかえや胃腸症状、皮膚のかゆみなどがある場合には半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、手のほてりや唇の乾きが気になる場合には温経湯(うんけいとう)、むくみがひどい場合には九味檳榔湯(くみびんろうとう)といったものが使われることがあります。

 

漢方薬を使った更年期障害の治療を希望する場合は、漢方を取り扱っている婦人科などで相談してみましょう。
自己判断で合わない漢方薬を使ってしまうと、体格や体質などによっては、副作用や症状の悪化を招く可能性もあります。
辛い症状を適切に緩和・改善していくためにも、自分に合った漢方薬を使うことが大切ですね。

関連ページ

若年性更年期障害
男性更年期
更年期障害は女性特有の症状ではなく、男性にも更年期があり更年期障害も起こります。動悸、顔のほてり、手や足のしびれ、不眠、うつ、男性機能の低下など、幅広い症状を伴います。
更年期と間違いやすい病気