男性も更年期!?−更年期は女性だけじゃないんです!

更年期障害は女性のもの、と思い込んでいませんか?
最近では、男性も更年期によってさまざまな不調があらわれることが知られるようになりました。
男性の更年期とは、一体どんなものなのでしょう。ここでは、その原因や主な症状と、簡単な予防法についてお伝えします。

男性の更年期、その原因は?

女性の更年期障害は、女性ホルモンの分泌が減少することによって起こります。
同様に、男性の更年期も、加齢によって男性ホルモンの分泌量が減ることが原因で起こります。

 

テストステロンという男性ホルモンは、男らしい体を作ったり、闘志あふれる性格の元となったりするもの。
また、ネガティブな感情を抑え、ストレスをやわらげるはたらきや、男性機能を維持するはたらきも持っています。
このテストステロンは、30代後半になるとしだいに分泌量が減り始め、男性の心と体にさまざまな変化をもたらすのです。

男性の更年期ってどんなもの?

女性の更年期といえば、ほてりやのぼせ、発汗、倦怠感といった身体的な症状から、うつ、不安感、イライラといった精神的な症状までさまざま。男性の更年期においても、こうした症状が多く見られます。
その一方で、男性特有の症状には、次のようなものがあげられます。

 

筋力低下
足腰が弱くなった、少しの運動で息切れをするなど、筋力が低下することによる不調や疲労感が強くなります。
メタボリックシンドローム
体脂肪や内蔵脂肪が増えやすくなるため、メタボリックシンドロームになる可能性が高まります。
男性機能の低下
性欲や男性機能の低下、そして頻尿といった症状もあらわれます。

男性の更年期を防ぐには

こうした更年期の症状に悩む男性は、少なくありません。

 

男性の更年期を予防し、辛い症状を少しでも軽減させるには、規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、ストレス解消を心がけることが大切です。
そのほか、男性ができる予防法として

  • テストステロンを消費する激しい運動を避ける
  • アジ、サバ、牡蠣など、男性ホルモンをととのえる食材を取り入れる

といったものがあります。

 

同年代の夫婦であれば、同時にそれぞれが更年期障害に悩むことも考えられます。
こうしたことを頭に入れ、夫婦で更年期の症状の予防と緩和につとめたいですね。